「料理教室講師」での思い出

前島さんがしていた仕事の紹介

料理教室の講師をしていました。ただ単に料理のレシピや技法を教えるだけではなく、「料理を楽しむ」ということを常に意識して生徒さんに教えてきました。

その仕事で感じたこと

壁に感じたこと

私が所属していた教室は結構な規模の料理教室だったので、「上級者」「初心者」「男性向け」などといったクラスが開講されていたんですが、それぞれのクラスの属性に合わせた教え方に結構苦戦しました。特に時間配分ですね。講師デビューしたばかりの頃はタイムオーバーになることもままありました(苦笑)

その壁を乗り越えた方法

教え方の技術を高めることはもちろんですが、それ以外にも、思い切ってレシピを変更したり、アシスタントさんを入れたりと、いろいろな工夫をしていきました。もちろんその方針をマネージャーに相談したところ、快くOKを出してくれました。それからは思い通りにレッスンを進められましたよ。

嬉しかった思い出

初心者クラスを担当したときのことですが、料理が苦手でいつも暗い表情だった生徒さんが、次第にテクニックが身について楽しく料理が作れるようになったんですね。その姿を間近で見てきて、思わず感動しました。

何故転職したのか。

今まで、教室にてお料理を教えるため考案したレシピの数々を、このたび出版する運びとなり、今後はレシピ作りに集中するべく、料理研究家に転職することとなりました。そのうち落ち着いたら、自分の教室を開きたいなとは思っているのですが、まだまだ先のことになるかもしれません。まずは料理本の出版に向けて、がんばります!