「英会話講師」での思い出

田中さんがしていた仕事の紹介

英会話教室にて、講師として勤務していました。語学講師という仕事は、言葉の壁を無くす存在であり、国と国の垣根を低くできる存在だと感じていますので、やりがいを強く感じていましたね。もともとバイリンガルだったため、それを活かせる点でもピッタリな仕事だったと思っています。

その仕事で感じたこと

壁に感じたこと

バイリンガルだからこその壁があることに、就職後、気づきました。それは「英語を学ぶ苦しみを知らない」こと。もともと話せる私にとって、「学んだ」という経験もなければ、「苦しんだ」という経験も無いんですよ。なので、「ここに行き詰まった時はこう考えればいいんだ!」という教え方ができず、正直悩みましたね。

その壁を乗り越えた方法

「分からないなら、その苦しみを分かち合えばいいのでは?」と考え、生徒の「分からない」という声にひたすら耳を傾けるようにしました。すると、分からないことにも傾向があることが分かりましたので、それに従った教え方にシフトチェンジできましたね。

楽しかった思い出

「先生に教わった表現が、ビジネスでそのまま役に立ったよ!」というような報告を頂くことが誇りです。多くの人に、英語を話せる喜びを知ってもらいたいです。

何故転職したのか。

友人の会社で、海外担当スタッフを必要としていると知り、お手伝いすることになりました。教える楽しみが分かりかけてきたところだったので後ろ髪をひかれる思いではありましたが、転職を決意しました。