「調理スタッフ」での思い出

中島さんがしていた仕事の紹介

学生時代のバイトからずっと続いてきたことですが、調理スタッフとして働きました。レストランや居酒屋、スーパー、お弁当屋さんなど、さまざまな職場を渡り歩いてきました。それぞれに特徴があり、違った面白さがありました。

その仕事で感じたこと

壁に感じたこと

これはレストランなどの飲食店で特に感じたことなんですが、時間との戦いになかなか頭がついていかなかったです。なので常にバタバタして、それでかえって効率も悪くなってしまって、結果スタッフのみならずお客さんからもしょっちゅう怒られましたね。

その壁を乗り越えた方法

こればかりはひたすら環境に慣れて経験を積むことしかなかったと思います。強いて言うなら、調理の準備やポジション取りの工夫ですね。できる限り同じ場所で作業することで動線を邪魔しないよう心掛けました。

楽しかった思い出

いろいろな料理を作ってきましたが、中でも創作料理が大好きで、特に「え?コレとコレを組み合わせるの?」といったチャレンジは楽しかったですね。スタッフが集まっての試食会で「美味しい」と言ってもらえるのが何よりの楽しみでした。

何故転職したのか。

調理師免許を取得したことをきっかけに、さらなる腕を磨きたいと思い、思い切ってホテル内のレストランに転職しました。これまで以上に厳しい環境にはなりますが、どんどんチャレンジしていきたいです!