「営業事務」での思い出

緒方さんがしていた仕事の紹介

前職は商社で営業事務の仕事をしてました。基本的には営業資料の作成や商品の受発注などといった、営業スタッフのサポートが中心の仕事ですが、時には電話対応などで営業スタッフの仕事を代行することもあるという、非常に内容の濃い仕事です。

その仕事で感じたこと

壁に感じたこと

いろいろありすぎて、まさしく「壁だらけ」に感じました。中でも私にとって一番分厚かった壁が「営業スタッフとの関係作り」ですね。特にうちの会社の営業スタッフは気の短い人が結構いるので、怒鳴られることなど日常茶飯事。中には定時間際に「明日朝イチまでの宿題」などと称して、大量の業務を押し付けてくるスタッフまでいました。

その壁を乗り越えた方法

それはもう、ストレス発散です。というよりそれ以外にありません(笑)そのおかげか、転職するまで何とか体調を崩さずにこれたと思います。

何故転職したのか。

家族の都合で引っ越しをすることになったため、転職を余儀なくされました。一部の営業スタッフからは「裏切り者」「そんなことで逃げ出すのか」「俺は認めねぇぞ」といったノイズも聞こえましたが(苦笑)、それ以外の大半のスタッフからは「新天地でもがんばれよ」と励ましてくれました。ちなみに現在は一般事務の仕事をしています。やりがいだけで言えば営業事務のほうが大きいでしょうが、もうその仕事はこりごりです(笑)