作る力と教える力は全くの別物は代えがたいもの

今西さんの前職の説明

手芸ショップのスタッフをしていました。ショップではお客さまへの商品説明や店内のレイアウトを担当していました。私の大好きな手芸を仕事にできるというこの環境は、私にとって天国であり、特に転職を考えるようなことは無いだろうと思っていましたね。

なぜ転職しようと思ったのか

仕事でいろいろな手芸作品を作っていたんですが、たまたま来店されていた手芸教室のオーナーさんが、どうやら私が作った作品を気に入ったようで、手芸教室のオーナーさんから直々にオファーを頂いたんです。これはもう、断る理由がありませんでしたね。当然、ありがたくお話しを頂戴し、転職する決意を固めました。

転職の際に味わった挫折や苦難

教えることの難しさ

複雑かつ巨大な作品を作ることよりも、生徒さんに教えることのほうが難しいことを、身をもって知りました。もちろんただ単に教えるだけではダメで、より興味を高めるようにしなければならないんですよね。案の定、人を教えた経験のほとんどない私は、生徒さん一人をサポートするのに四苦八苦しました。

そこから学んだ「作る力と教える力は全くの別物」とは?

とにかく、「教える力」を磨こうと感じ、手芸に限らず、人に教える仕事全般を見て回りました。どんなことでも吸収したい、と思うようになったんですね。もちろんオーナーさんの手ほどきもあって、だいぶ「教える力」のほうも向上したと思います。