自分の言葉で伝えてみることの大切さは代えがたいもの

仲間さんの前職の説明

大学を卒業してからずっと、出版社でライターとして働いてきました。名前が出るようなお仕事はほとんどなく、写真に添えられるひとことであったり、とある誰かの記事の転載作業であったり。名前が出ない寂しさは正直否めませんでしたが、でも、好きな「書く」ことをお仕事にできるだけで幸せなことなんだと思い、がんばっていました。

なぜ転職しようと思ったのか

ずっと黒子的なお仕事をやり続けてきましたが、時間が経つにつれ、次第に「自分」を出すお仕事をしたいと思うようになったんです。ライターにとって、これが最終的な目標であり、夢だと思うんですよね。ただ、この職場はなかなか影の仕事が評価されないというところだったので、表舞台で活躍できる場所を求めて転職活動を始めたんです。

転職の際に味わった挫折や苦難

個性が出せない

運良く別の出版社に転職できたものの、自信を持って書いた文章が全て「インパクトが弱い」などという理由でボツになる異常事態。実際、これまでオリジナルの文章を書いたことがほぼなかったので、「自分の形」というものがなかったようなんです。これには正直へこみましたね。

そこから学んだ「自分の言葉で伝えてみることの大切さ」とは?

先輩ライターに悩みを相談したところ、「普段自分が話している言葉で作ってみたら?」というアドバイスが。それを意識して書いてみたところ、今までの評価から一転して高評価を頂いたんです。それからというもの、徐々にではありますが、この仕事に自信を持てるようになりました。