魅せる技術は代えがたいもの

飯島さんの前職の説明

ファミレスのキッチンスタッフをしていました。ちなみに、もともとこの仕事は「せっかく取得した調理師の資格を活かしたい」と思ってこの仕事を選びました(浅い動機だなと言われるかもしれませんが(笑))。

なぜ転職しようと思ったのか

仕事に不満はありませんでしたよ。作るのは、いつも楽しかったですし。ただ数年間この仕事を続けていくうちに、次第に「料理の楽しさを、もっと多くの方に知ってほしい!」と思うようになったんです。一度考え出すと思いはどんどん募りまして、それで転職しようと決めました。

転職の際に味わった挫折や苦難

味はいいけど……

そんなわけで料理教室に転職したわけですが、求められている技術が予想していたものと全然違うことに驚きました。実は勤務開始早々、いわゆる自己流レシピの提供を何品か求められたんですが、そのどれも「味は美味しいんだけど、見た目にまだ工夫が足りない」という評価だったんです。

そこから学んだ「魅せる技術」とは?

料理に興味を持ってもらうには、見る人にその料理を「すてき!」と思わせること、つまり「魅せる技術」が大切だということを、この一件で学びました。確かに、見栄えが悪ければ、いくら美味しくても作ろうという気は起こらないですからね。それ以来、そこもしっかりと意識したレシピ作りを心がけています。転職を考えたのはふとしたきっかけに過ぎませんが、今では良かったと自信を持って言えますね。