常に高みを目指すことは代えがたいもの

新庄さんの前職の説明

私は外資系企業を中心に、英語力を活かした営業活動を行っていました。英会話は得意分野であるため、不満はまったくありませんでした。事実、それなりに実力を評価頂いていましたし、収入の面でも安定していました。

なぜ転職しようと思ったのか

明確なきっかけというものはないんですが、英会話を活用して働くのであれば、営業ではなく、教える立場の方がいいのかなと、私の考え方が徐々にシフトしていったんですね。その時期から、何となく転職を意識するようになりました。そしてそれを決定的にしたのが、私が担当した新入社員研修です。その中の英会話研修で、すごく新入社員たちが真剣に耳を傾ける様子に、ビビッと感じるものがあったんです。

転職の際に味わった挫折や苦難

募集がない!

英会話教室って、最近はネイティブの方を中心に採用する傾向が強く、さらにビジネス英会話から子どもの英語教育に方針がシフトしているため、どんどん門戸が狭くなってきているんですよね。当然、ネイティブと比較すると質が落ちる私の英会話では、採用してくれるところはありませんでしたね。

そこから学んだ「常に高みを目指すこと」とは?

そこで考えたのが「今の自分のレベルで受け皿を探す」のではなく「必要とされるまでレベルを上げ続ける」。そこからは、転職をあまり意識せず、語学力を高めることだけに注力していきました。すると、以前応募したときよりも明らかに面接官の見る目が変わって、ついに採用にこぎつけました!ここまで実力をつけたんです!他の方に負けない自信、すごくあります!