絶対にあきらめないことは代えがたいもの

上田さんの前職の説明

数年前まで、スポーツクラブでトレーナーをしていました。ストレッチの仕方を教えたり、筋力アップをサポートしたり。またそのほかにも、さまざまな機器の使い方や、各種メニューでのトレーニング指導など、幅広く担当していましたね。

なぜ転職しようと思ったのか

これまでずっとフィットネスを担当しているんですが、実は私は入社当初からスイミングトレーナーを希望していたんです。しかし、そのプールが閉鎖されることが決まったため、これ以上ここで働く意味がなくなってしまったんです。ということで、スイミングトレーナーの仕事ができるところに転職しようと動いた次第です。

転職の際に味わった挫折や苦難

見つからない……

「いま、スイミングの枠が空いていないんです」という言葉、何度聞いてきたでしょうな……。いま、スイミングの需要があまりないらしいんです。それよりも、陸上ストレッチの方が断然らしく……。あまりにも求人が少なすぎるので、通勤できるギリギリまでさらに範囲を広げて探すことにしたんです。

そこから学んだ「絶対にあきらめないこと」とは?

スポーツでは当たり前のことですが(選手生活で徹底的に叩き込まれましたが(笑))、これは転職活動でもピッタリ当てはまりましたね。以前住んでいた所からは少々離れすぎていたので、別のアパートに引っ越すことになりましたが、それでも希望する仕事に就くことができてほっとしています。