センスを磨き続けることは代えがたいもの

永井さんの前職の説明

前職は営業マンでした。「勝負に勝つ」と言ったら語弊があるかもしれませんが、そんな営業というお仕事が面白いと感じており、これからもずっと、営業を続けていけたらいいなと思っているほどだったんです。

なぜ転職しようと思ったのか

営業先で回っているお店のひとつに、ガーデンショップがありました。園芸関連商品の販売からガーデニングに関する相談、さらには造園工事にいたるまで、幅広く手がけるお店だったんですが、そこでスタッフ全員生き生きと仕事をしている姿に、大きな衝撃を受けたんです。当時在籍していた会社ではずっとピリピリモードで、基本的に気持ちが休まることはなかったんですよね。なので、この頃から「こんな会社で働けたらな……」と思うようになったんです。

転職の際に味わった挫折や苦難

デザインがありきたりすぎる

転職後、先輩スタッフとともにガーデンデザインの仕事に携わることになったんですが、どうしてもそのデザインが、面白みがないというか、味気ないというか、そんな仕上がりになってしまうんです。先輩からは丁寧にアドバイスを入れてくれるんですが、それでも何だかモヤモヤした感覚から抜け出せなくて……。

そこから学んだ「センスを磨き続けること」とは?

一度先輩のデザインを見させてもらう機会があったんですが、そのときにはっきりと気づかされました。「新しい発見」というわけではないですが、新鮮なインパクトがあるんですよね。お客さまからの信頼を得るためには、それを与えられるだけのセンスを常に磨き続けることが必要なんだなと感じました。