まっすぐに向き合うことは代えがたいもの

谷村さんの前職の説明

オフィスビル内のカフェでフロアスタッフをしていました。お客さまをお席へ案内し、注文を取り、お料理を運び、帰られた後には片付けをして……という感じの仕事内容でしたね。

なぜ転職しようと思ったのか

もともと苦手な接客を少しでも克服しようと思って、ここでアルバイトを始めたんですが、不運にもお客さまとの衝突を招いてしまったことで、かえって接客という仕事がより辛く感じるようになってしまったんです。幸い、アルバイトと並行して取り組んでいた調理師資格の取得ができたので、その資格を活かしてレストランに転職し、調理スタッフとして新たなスタートを切ることができました。

転職の際に味わった挫折や苦難

取得後すぐのお仕事は結構大変でした。

資格取得後、すぐに調理師として採用頂けたのは嬉しかったのですが、すぐに調理を任せてもらえるわけではありません。その下積みというのが思いの他大変で、仕事についていくだけで必死な日々を半年ほどは過ごしましたね。

そこから学んだ「まっすぐに向き合うこと」とは?

先輩の一人から言われた「だいぶ形になってきたな、一途にがんばってきた証拠だ」というフレーズが効きましたね。それからというもの、どんなに忙しくなっても、弱音を吐くことなく、むしろ自信を持って仕事できるようになったと感じます。今ではスタッフからの信頼も得て、いくつかのメニューを任されるまでになりましたよ。