常に勉強し続けることは代えがたいもの

木原さんの前職の説明

前職は自宅近くのスーパーでレジ打ちのパートをしていました。主婦定番のパートスタイルですよね。ずっと立ちっぱなしの仕事なので足は疲れますが、それ以外での負担はあまり無かったので、比較的働きやすかったです。

なぜ転職しようと思ったのか

友人宅へ遊びに行った時、ネイルサロンを開業していたんです。リビングの一角にコーナーを設け、そこで月に10日ほど営業して20万円ほど稼いでいるとか。その様子を見て、すごく羨ましくなってしまったんですね。実は私も、以前その友人と一緒にネイリストとして活動していた時期があったんですが、結婚を機に退職してしまったんです。しかし友人の今の活躍ぶりを見て、「私もただなんとなく過ごすのではなく、もっとメリハリのある、そんな生活をしよう!」と思い立ち、ネイリスト復帰を目指すことにしたんです。

転職の際に味わった挫折や苦難

たった数年のブランクで……

そんなわけで早速「ブランク可」の求人に応募しましたが、全て不採用。しかも提出した作品でいろいろ厳しい指摘があって……やはり現場を数年間離れていたことによる技術面での衰えは大きかったですね。

そこから学んだ「常に勉強し続けること」とは?

ただやはりどうしても諦める訳にはいかなかったので、レジのパートを続けながらネイルスクールで学びなおしました。技術を取り戻すためにそれなりの費用はかかりましたが、その甲斐あってネイルサロンへの復職も達成できました。何をするにしても勉強は欠かせませんね。