リスクマネジメントは代えがたいもの

井戸さんの前職の説明

スーパーマーケットの社員をしていました。学生の頃にバイトで入ったスーパーマーケットに、そのまま居続け、なんとなく店員になり、最終的には契約社員となっていたところだったんです。つまり、就職活動も行った経験がなく、流れのままに仕事する。そんな日々だったように感じます。

なぜ転職しようと思ったのか

「契約社員よりも、正社員になりたい」と感じるようになったからです。ちょうどそのころ、世の中は景気が戻りつつある状況でしたので、いまが最大のチャンスなのかもしれない……と感じたんですね。ただ前職では正社員の求人も登用制度も無かったので、やむなく転職することに。しかしその思いが通じたのか、正社員として採用していただいた今のお店と出会いました。

転職の際に味わった挫折

優先順位の難しさ

転職先では販売業務に加えて事務の仕事も加わったのですが、その事務の仕事で何をどこから手をつけたらいいのか分からなくなることがたびたびありました。いままでは提示された仕事をただこなすだけでよかったので、作業の幅が広がったとたん、仕事内容がとてつもなく難しく感じました。

そこから学んだ「リスクマネジメント」とは?

これはOJTで先輩から教えられたことなんです。早々に「リスク回避の仕方について、常に考えておくように」と言われたんです。万が一ミスをしてしまったとしても、影響が常に最小限になるように考えておくことが重要なんですよね。