コツコツ知識をつむは代えがたいもの

浦上さんの前職の説明

音楽教室の受付をしていました。教室に通ってくるのは、ほぼ幼稚園生までの小さい子たちばかりで、「音楽を習う」というよりも「リズムを楽しむ」という感じでしたね。なので、お仕事内容もさして深くはなかったです。気軽に通ってくる。その相手をする。そんな感じでした(笑)

なぜ転職しようと思ったのか

実はこの仕事を続けているうちに、本格的に音楽に興味をもちはじめたんです。もともと私は楽器の演奏をしたことはほとんどなく、もっぱら聞く専門だったのですが、楽器に触れ合っているうちに興味を持ってしまいまして。そして、趣味ではじめるのであれば、もっと自分を音楽の世界に引きずり込んでやろうと思い、楽器販売店に転職を考えるようになったんです。

転職の際に味わった挫折

プロに素人が混ざる難しさ

未経験者の音楽業界への転職は難しいかな……と思っていたんですが、意外にも何も言われることなく、無事転職を終えることができました。しかし、大変だったのは仕事を始めてしばらくしてから。いざ販売スタッフとして働くようになったとき、専門知識を持つ先輩スタッフに迷惑を掛けやしないか、そもそも上手く説明できるのかなどと緊張の連続だったんです。正直言ってビクビクしっぱなしでした。

そこから学んだ「コツコツ知識をつむ」とは?

「知らないことがあったらなんでも聞いて」というサポートはありがたかったです。とはいえ、いつまでもスタッフに頼ってばかりもいられないので、それからは少しずつでも専門知識を増やすことを意識しました。