休息の大切さは代えがたいもの

萩谷さんの前職の説明

トラックドライバーをしていました。長距離移動をメインにしていましたので、寝る間を惜しんで走行したこともあります。危険だとは分かっていましたが、時間との戦いという感は否めない世界なので、多少の無理は当然なのだと思っていました。

なぜ転職しようと思ったのか

睡眠不足で走行している最中に、何度か「ヒヤッ」とした経験をしたためです。このままでは、いつか取り返しのつかないことになる。そう思い、まだ大ごとになっていないうちに転職をしよう。そう思いました。

転職の際に味わった挫折

時間的にも精神的にも余裕がなく……

ドライバー以外の経験が無かったので、どう他の仕事に向き合っていいのか分からず、ただがむしゃらに仕事をこなす日々でした。休息の取り方自体、忘れてしまっていたのかもしれません。

そこから学んだ「休息の大切さ」とは?

先輩達が教えてくださいました。「不眠不休でがんばることは、一生懸命にやっているように見えるかもしれないけれど、非効率なこともあるのだ」と、そう知らされたんです。これには、ズシンと心に何かを打ちこまれたような、そんな感覚になりました。というのも、必死なことから抜けだすつもりで転職をしたのに、結局は抜け出せていなかったのか……と(笑) でも先輩方の仕事の仕方を見ているうちに、適度に休息をすることで新しいアイディアも浮かび、次への大きな一歩が踏み出せることに気付かされたんです。