「看護師」での思い出

海江田さんがしていた仕事の紹介

看護師として勤務して参りました。卒業後すぐに、こちらの病院にお世話になりまして、かれこれ勤務は13年を超えていますね。その間、結婚し、出産し、家庭の変化はありましたが、その全てを受け入れて下さった職場で、本当に心から感謝しております。

その仕事で感じたこと

壁に感じたこと

看護師としての職業の責任の重さに、潰されそうに感じた記憶はありますね。ものすごいはるか昔の記憶ですけれど(笑)先輩方のように、私もスルスルと仕事をこなせるようになるのか……と、そればかり考えている時期もありました。

その壁を乗り越えた方法

先輩方に、正直に胸の内を相談したことがあるんです。すると、意外にも「私もそうだったわ。懐かしい。」と言って下さる方がすごく多くいらっしゃいまして、私のこの思いも、いつかは笑って話せるようになるのかな……って感じられるようになったんです。

楽しかった思い出

患者さまとの触れ合いが一番楽しかったですね。良くなっていく過程を見守り、そして退院していく。もちろん、そのパターンばかりではないけれど、患者さまの力になれている……と思えることが、一番嬉しい瞬間だと感じました。

何故転職したのか。

実は、実家で商売をしていまして、そのお手伝いのために看護師を辞めることになったんです。離れがたくはありましたが、海江田家の一大事ですから、いまのこの転職は、やむを得ないことだと感じています。